認知症 改善 食べ物

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

認知症を改善したい!認知症に有効な食事や成分をまとめました

認知症 介護

 

2017年11月18日更新

 

認知症患者を持つ家族の大変さは、同じ境遇にいる者同士でないとなかなかわかり合うことは難しいと思います。

 

病院で処方される薬でも、これを飲めば必ず治る!というものは残念ながらありません。。

 

 

ならば、「少しでも可能性があることはなんでも試してみよう!」と、私は毎日の食事から認知症の改善・予防を考えていこうと思い立ちました。

 

そこから認知症に関する書籍を大量に読み、セミナーなどにも積極的に参加してきました。

 

そんな私が、認知症を患う母のために工夫している食事や栄養管理についてまとめていますので、同じ悩みを持つあなたのお役に立てればと思います!

 

認知症の改善にはどんな食事がいいの?

認知症 食事

 

ストレスが体に良くないのは誰もが知っていることです。

 

それは脳にとっても同じことで、脳に過剰なストレスがかかっているのを放置していると、やがて機能が衰え、物忘れから認知症へと進行していきます。

 

では、疲れてしまった脳を回復させるためにどんなものを食べたらよいのか、いくつかポイントを挙げてみました。

 

血液サラサラ

認知症 DHA EPA

 

まず、認知症と高血圧は密接な関わり合いがあります。

 

脳の機能はそこに流れる血流によって支えられています。

 

つまり、認知症を予防したり、認知症症状を改善したりするためには、高血圧を予防し、血管を強くすること、血液をさらさらにすることなどが重要なのです。

 

 

血圧を下げるためには、減塩とコレステロールを抑えることが必須です。

 

具体的に何を食べればよいかというと、青魚に含まれる不飽和脂肪酸であるドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)という成分は、悪玉コレステロールを増やさないというので、夕食時にイワシやサバなど多く出すようにしました。

 

また、母の好きな納豆に含まれるナットウキナーゼも血液をサラサラにする効果があるので、これも毎日出しています。

 

抗酸化

認知症 ビタミンE

 

活性酸素によって脳の細胞が酸化すると新陳代謝が妨げられ、老化を促してしまうため、抗酸化もポイントになります。

 

抗酸化物質として有名なのは、ビタミンEです。これを毎日取り入れるため、主食は胚芽米にし、ゴマを振りかけるようにしています。

 

プラズマローゲン

認知症 プラズマローゲン

 

そしてもう一つ、最近テレビなどでも取り上げられている「プラズマローゲン」という成分が、認知症予防に効果があるということで取り入れ始めました。

 

「プラズマローゲン」とは、人体の組織であるリン脂質の一種で、脳神経細胞の抗酸化機能を高めたり、脳疲労を回復させたりする働きがあるそうです。

 

この成分は鶏ムネ肉やホタテ貝に含まれるものですが、必要量を摂るためにはかなりの量を食べなくてはならず、毎日鶏肉やホタテをたくさん食べるのは難しいところです。。

 

 

この話を、私と同じく認知症患者を介護している方にしたところ、「高純度プラズマローゲン」というサプリメントで手軽にプラズマローゲンを摂取できるということを教えてくれました。

 

その方は、認知症の奥様を介護している男性ですが、半年ほど続けていたらそれまで何度も夜中に起きて歩き回っていた奥様が朝まで寝てくれるようになった、とお話しされていました。

 

おはよう、おやすみが言えるようになった、とも。

 

これを聞いて、私は少しでも可能性のある事なら試したいと思っていたので、早速母に勧めました。

 

>>高純度プラズマローゲンの詳細はこちらをご覧ください<<

 

 

病院から認知症の薬は定期的にもらっていたのですが、母は「私は病気じゃない!」と言って飲むのを嫌がります。

 

薬を嫌がる母も、サプリメントならばと意外にもすんなり受け入れてくれました。

 

これなら、精神的な負担も少なく、普段の食事にプラスしていけると思います。

 

認知症の改善が期待できる食事のまとめ

認知症の改善 まとめ

 

これまでの内容を簡単にまとめてみます。

 

青魚に多く含まれるDHAやEPAが認知症予防や改善に有効とされているため、イワシやサバなどを使用した料理を多く出している

 

納豆に含まれるナットウキナーゼという成分が認知症予防や改善に有効とされているため、納豆を毎日出している

 

ビタミンEが認知症予防や改善に有効とされているため、それが効率よく摂取できるよう主食は胚芽米にし、ゴマを振りかけるようにしている

 

鳥の胸肉やホタテに含まれるプラズマローゲンという成分が認知症予防や改善に有効とされているが、食事では毎日の必要摂取量を満たすのが困難なためサプリメントで補っている

 

以上、私が主に実践していて実際に有効的だと感じた「認知症の改善・予防に効果のある食事療法」でした。

 

※あくまで個人の経験に基づいたものですので効果を保証するものではありませんことをご理解くださいm(_ _)m。

 

認知症の母と私たち家族のこれから

認知症 家族愛

 

私が認知症と食事の関連について興味をもったのは、母親の介護がきっかけです。

 

四六時中、生活のあらゆる場面で「認知症」の症状と向き合う毎日は、正直辛いです。

 

 

例えば、物をよくなくします。

 

本人は片付けた気になっているのですが、どこへ片付けたのかを忘れてしまうのです(←私が母の認知症に気づくきっかけとなったのも、これです)。

 

 

そして、何でも人のせいにします。これが一番苦しい。

 

頭では「母は悪くない、病気のせいだ」とわかっているのですが、財布やリモコンがなくなるたび、周りのせいにして大騒ぎする母を怒鳴りつけてしまうこともあります。

 

認知症患者を持つ家族は、「乗り越える」のではなく「共に生きていく」という考え方を持てば、だいぶ楽になるのではないでしょうか。

 

 

相変わらず母は、自分の行動や話したことをすぐ忘れてしまいますが、それでも食事療法を取り入れる前よりは笑顔も増え、その場を楽しむ、ということが増えてきた気がします。

 

私たち家族も、それぞれができる範囲で、無理なくサポートするということがだんだん上手になってきました。

 

もちろん、自分の時間は奪われるし、病気とはいえひどい言葉を投げつけられたり、肉体的・精神的につらいことも多いですが、病気である本人が頑張っていれば、私たちも支えてあげたいと思う。

 

 

認知症改善のために始めた食事やサプリメントでの栄養管理ですが、始める前と今では、血圧も安定してきたし寝つきや目覚めも改善されています。なにより、少しですが私たちと会話ができるようになったのが、一番びっくりしているし、食事療法を取り入れてよかったと思えた、最高の収穫です。

 

この調子でいけば、昔の母に戻ってくれるかも、と期待して、これからも続けていきたいと思います。

 

認知症とは

認知症とは?

 

ここからは認知症とはどのような状態のことをいうのか、改めて考えます。

 

認知症の症状としてまず現れるのが、物忘れです。

 

物の名前が出てこない、人の名前が思い出せないなど言葉の物忘れだけでなく、しまった場所を思い出せなかったり買い物に行っても何を買うか忘れてしまったりという行動の物忘れもあります。

 

これは、記憶をつかさどる脳の海馬という部分がダメージを受けるための症状です。

 

 

認知症は放っておくと進行し、日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

そうなってしまうと、本人が困るだけでなく、振り回される家族や身の回りの人たちも大変になります。

 

でも、早いうちに気づいて適切な対応をとれば、早期診断・早期治療で本人も家族も前向きに生きていくことができるのです。

 

認知症の原因

 

認知症になる原因についてわかりやすく説明します。

 

ここでは認知症の中で最も多いといわれている、アルツハイマー型認知症の原因を解説します。

 

アルツハイマー型認知症の主な原因は、脳のゴミといわれるアミロイドβ(アミロイドベータ)という物質が蓄積することによって正常な脳細胞が破壊されて発症します。

 

※遺伝などの場合もあります

 

アミロイドβは加齢とともに増え始めますが、食生活や生活習慣に気を付けていれば蓄積しにくくすることはできます。

 

認知症の予防・改善

 

認知症の予防や改善方法などについて紹介したいと思います。

 

認知症の予防としてすぐに始められるのは、生活習慣の改善です。

 

認知症改善のための食事については体験談で述べていますので、そのほかの部分で普段から取り入れられる認知症の予防を紹介したいと思います。

 

睡眠

 

睡眠不足と認知症は深いかかわりがあるといわれています。

 

脳のゴミであるアミロイドβは、日中蓄積され睡眠中に除去されますが、睡眠時間が少ないと蓄積され続けるため認知症の発症につながります。

 

また、認知症を発症すると睡眠障害も引き起こすといわれています。

 

このように、睡眠不足と認知症は強く結びついているので、日頃から十分な睡眠時間と質のいい睡眠を確保することが大切です。

 

運動

 

運動、特に有酸素運動は神経細胞を活性化したり、アミロイドβの分解を促したりする効果があるといわれています。

 

また、運動で適度に疲れると夜ぐっすり眠れるという相乗効果も期待できます。

 

さらに、運動で足腰を強くすれば転倒防止や骨折で寝たきりになることを防げるので、こうした面からも認知症予防の効果があるといえます。

 

脳トレ

 

脳の神経細胞に刺激を与えることができる、頭と指先を同時に動かすような脳トレは認知症予防に効果的です。

 

簡単に始められるものとして、塗り絵やパズル、クロスワードなんかがおすすめです。

 

スマホのアプリでも脳トレ系は充実しているので、暇な時間にやってみるといいかもしれません。

 

コミュニケーション

 

認知症予防や改善にとても有効なのが、人とのコミュニケーションです。

 

笑うことは免疫力を高めるといわれています。

 

また、会話でコミュニケーションをとることで脳への刺激にもなります。

 

もう一つ、自分一人では認知症の症状に気づきませんが、他人とコミュニケーションをとり続けていれば相手が「あれ、ちょっといつもと違うな」と異変に気付いてくれるので、早期発見や早期治療に結びつきます。

 

 

ここでは、認知症の予防や改善に良いとされる生活習慣を紹介しました。

 

すぐに始められるもの、誰かの協力が必要なものなどいろいろですが、無理しないでできることから始めてみてください。

 

認知症の治療法

 

認知症の治療法を紹介します。

 

認知症は完全に治すことはできませんが、治療によって進行を遅らせたり症状を軽くしたりすることができます。

 

治療は、大きく分けて薬物療法と非薬物療法があります。

 

薬物療法

 

アルツハイマー認知症では、抗認知症薬というのが使われます。

 

この薬は認知症の進行を遅らせる効果が認められています。

 

また、興奮や徘徊などの症状が激しい場合には、抗精神病薬や抗不安薬、抗うつ薬、漢方薬などが使われる場合もあります。

 

非薬物療法

 

非薬物療法とは、薬物を使わない治療のことでリハビリテーションをさします。

 

認知症のリハビリテーションには以下のような種類があります。

 

音楽療法

 

音楽によるリラックス効果を目的としたリハビリで、自分で歌ったり楽器を演奏する能動的音楽療法、音楽を聴く受動的音楽療法があります。

 

回想法

 

楽しかった過去の記憶を思い出して話すことで、心を安定させるリハビリです。

 

美術療法

 

絵を描いたり折り紙を折ったり、工作などを通して五感を刺激して脳を活性化します。

 

作業療法

 

日常生活の料理や掃除や買い物などの作業を積極的に行うという療法です。

 

レクリエーション

 

仲間と一緒に遊ぶことが様々な刺激となります。

 

認知症患者の家族の対応

 

認知症の家族との接し方や対応方法などを考えます。

 

認知症患者は初期の段階では、あらゆることが以前のようにできない自分を理解しています。

 

これまで親(または祖父母)として責任をもって家族を支えてきただけに、そんな自分を「恥ずかしい」「そんな自分を受け容れたくない」「家族に知られたくない」「迷惑かけたくない」などいろいろな不安の感情でいっぱいになっている状態です。

 

気持ちは強がっているけれど、行動が思うようにならないのでストレスとなり、イラついたり怒りっぽくなったり、不安で落ち着きがなくなったり眠れなくなったりなどの兆候が表れます。

 

そんな認知症患者に、家族は優しく接してあげることが大切です。

 

変わってしまった認知症患者に対して、高圧的に接したり大声を出して注意したりすると、患者は恐怖心を覚えてしまいその感情だけは忘れないといいます。

 

そうすると信頼関係が壊れてしまってあらゆることがうまくいかなくなってしまい、家族にとっても負担が大きくなってしまいます。

 

だから、家族は認知症患者を否定せず、優しい気持ちで受け入れてあげてましょう。

 

 

とはいえ、きつい言葉を投げつけられたり、いくらお世話をしてあげていても自分のことを忘れてしまったりということを繰り返されては家族も疲弊してしまいますよね。

 

本来は支える側であるべき家族が疲れてしまっては、元も子もありません。

 

家族の一人だけに負担が集中していないか、主に介護している人はちゃんと息抜きできているかなど、家族同士で支え合い助け合うことも忘れないようにしましょう。

 

デイサービスなどを活用することもよいでしょう。

 

認知症患者が家族にいる場合、患者のケアももちろんですが、支える家族がしっかりと信頼関係で結ばれていることが重要です。

 

土台がしっかり安定していれば、認知症患者も安心して生活することができるので心も落ち着いてくるでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加